生活に必需品となっている「お金」。私たちは、お金をつかって何かを得るように洗脳されています。これは、トラブルをお金で解決できたりと平等な面もありますが、お金さえあれば何でもできるというような錯覚にも陥ります。逆に、お金がなくては何もなくみすぼらしい自分を恥じてしまうなど、だたの紙切れなのに不思議な感じになりますね。

このように、お金に振り回される生活はあまりいいとは感じませんよね。お金を上手につかって、自分が主導権をにぎって生活をおくるためには、お金の流れを知る必要があります。お金を手に入れるためには、どうしていますか?一生懸命働いて給与を貰うという回答がほとんどでしょう。中には、宝くじといったギャンブルと答える人もいるかもしれませんね。このお金を手に入れるための行動に、「投資」を加えるだけで、お金の流れが一気に違ってきます。

特に、海外投資はお金の流れが大きくなると予測され、注目を集めています。海外投資というと、リスクが高いイメージもありますが、お金の流れが滞っている、現状の日本だけを頼りにするほうが、かえってリスクが高いとも考えられます。海外投資には、楽しく明るい未来がつまっていますよ。

マンションは住宅として非常に優れた建築物件です。集合住宅なので住民同士の自治も比較的取れていますし、プライバシーという点でも密閉度が高いので安心した生活を送ることができます。その様な理由がありまして、マンションは特に若い人達の人気を集まる物件です。しかし、マンションの本当の価値については、投資にあると私は考えます。

最近投資の方法としまして、投資用マンションというものが販売されているのはご存知でしょうか。投資用マンションの使用方法は部屋の権利の売買ではありません。マンションに他人を住まわせる事で、家賃を得るというのが投資用マンションの効果的な運用方法です。この方法です賃貸料を継続して受け取ることができるので、マンションの権利を手放さない限り永遠に収入を得ることができる様になります。

この運用がしやすいという点と、マンションの若者人気が重なりまして、投資用マンションを買う一般人も増えてきているといいます。マンションの家賃収入は、定年間近の人間にとって、定年退職後も安定収入になるという理由で好まれているのです。気になる住民の勧誘についても、不動産業者に相談すれば宣伝してくれるので簡単な経営が可能になるのです。

海外ファンドと日本の投資信託・証券会社。双方共にお金を集め、運用する事で利益を得ようと考えている点に於いては同じなのですが、両者には決定的な「違い」があるとされています。それは「お客への対応」です。あまり事情を知らない人にとっては、「海外ファンドは対応が悪いのだろう」と考えるかもしれません。確かにイメージとしては日本の金融機関の方が親切だろうと思われている方の方が圧倒的に多いかもしれません。ですが実情を知っている人ほど、「海外ファンドの方がお客を大切にしてくれる」と口を揃えるのです。

意外に思う人も多いかもしれませんが、実際にはこのように感じている人が多いのです。なぜなら、日本の金融機関の場合、自社の利益のみを考えている傾向がとても強いのです。お金を預けても、責任を持って運用しているのか甚だ疑問だと言う人はとても多いのです。これは、日本の金融機関だけを使っているとなかなか解らないのですが、一度海外ファンドのお世話になると実感させられると言われています。日本の証券会社はお客の事を何と考えているのか。腹立たしいにも程があると思うようになる人がとても多いと言われているのです。そのため、海外ファンドの利用者が増えているのです。

お小遣いをはじめてもらった日のことを覚えていますか?
お小遣いをいったい何に使おうとわくわくした人も多いことでしょう。好きなお菓子を買ったり、少しずつためて欲しかった玩具を買ったり、お小遣い帳をつけた人もいるかもしれませんね。

それから、何年もたって大人になった今は、当時想像も付かなかったほどのお金を手にしました。しかし、お金と良い関係を保っている大人はあまり多くはいません。その原因となるのは、お金についてしっかりとした教育を受けてこなかったからというのがひとつあります。その理由として、私たちの親もお金の教育を親から受けていないから、どう教えればいいのか知らないのでしょう。

今のお金を取り巻く仕組みは、複雑になっていて、したたかな性格です。ですから、なお更お金についてしっかり理解をしていないと、お金の落とし穴におちます。

特に老後資金は必要になります。しかし、老後資金はかなりの高額の資金が必要になりますので、早い段階から老後資金を貯めておくことが得策ですね。

お金は、自分を幸せにもしますが、知らず知らずのうちに不幸にする恐ろしい道具でもあります。誰しも平穏で幸せになりたいと思いますよね。お金を見方につけることで、幸せになることに一歩近づくことが出来ます。

投資の1つとして不動産投資があります。その中でも気軽に始められる方法として、マンション投資と呼ばれるものがあるのですが、どのような特徴を持っているのでしょうか。

マンション投資の最大の特徴はミドルリスクミドルリターンという点です。これはリスクとリターンの関係性を表しています。一般的にハイリスクハイリターンやローリスクローリターンなどの商品を耳にすることが多いでしょう。

その点と比較するとなじみの無い言葉かもしれませんが、イメージとしてはそれらの中間に位置する投資方法です。

具体的にどのようなリスクがあるのかというと、1つは入居者が入らないケースです。他にも逃亡されたり、自殺者が出たりなどのリスクが想定されます。災害によってメンテナンスが必要になり、出費が重なるケースもあります。

一方でリターンは毎月決まった金額が家賃として振り込まれることです。つまり働かなくても毎月数万円のお金が振り込まれるので、投資商品としても大きめなリターンが期待できます。

このようにマンション投資にはミドルリスクミドルリターンの特徴があります。それらをうまく把握し、リターンがもらえるように調整することがマンション投資を成功させるためのコツとなるでしょう。

マンション投資をご検討中のあなたにおすすめしたい記事はこちら
2015年から相続増税!~マンション投資で相続税対策を~