海外ファンドと日本の投資信託・証券会社。双方共にお金を集め、運用する事で利益を得ようと考えている点に於いては同じなのですが、両者には決定的な「違い」があるとされています。それは「お客への対応」です。あまり事情を知らない人にとっては、「海外ファンドは対応が悪いのだろう」と考えるかもしれません。確かにイメージとしては日本の金融機関の方が親切だろうと思われている方の方が圧倒的に多いかもしれません。ですが実情を知っている人ほど、「海外ファンドの方がお客を大切にしてくれる」と口を揃えるのです。

意外に思う人も多いかもしれませんが、実際にはこのように感じている人が多いのです。なぜなら、日本の金融機関の場合、自社の利益のみを考えている傾向がとても強いのです。お金を預けても、責任を持って運用しているのか甚だ疑問だと言う人はとても多いのです。これは、日本の金融機関だけを使っているとなかなか解らないのですが、一度海外ファンドのお世話になると実感させられると言われています。日本の証券会社はお客の事を何と考えているのか。腹立たしいにも程があると思うようになる人がとても多いと言われているのです。そのため、海外ファンドの利用者が増えているのです。

お小遣いをはじめてもらった日のことを覚えていますか?
お小遣いをいったい何に使おうとわくわくした人も多いことでしょう。好きなお菓子を買ったり、少しずつためて欲しかった玩具を買ったり、お小遣い帳をつけた人もいるかもしれませんね。

それから、何年もたって大人になった今は、当時想像も付かなかったほどのお金を手にしました。しかし、お金と良い関係を保っている大人はあまり多くはいません。その原因となるのは、お金についてしっかりとした教育を受けてこなかったからというのがひとつあります。その理由として、私たちの親もお金の教育を親から受けていないから、どう教えればいいのか知らないのでしょう。

今のお金を取り巻く仕組みは、複雑になっていて、したたかな性格です。ですから、なお更お金についてしっかり理解をしていないと、お金の落とし穴におちます。

特に老後資金は必要になります。しかし、老後資金はかなりの高額の資金が必要になりますので、早い段階から老後資金を貯めておくことが得策ですね。

お金は、自分を幸せにもしますが、知らず知らずのうちに不幸にする恐ろしい道具でもあります。誰しも平穏で幸せになりたいと思いますよね。お金を見方につけることで、幸せになることに一歩近づくことが出来ます。

投資の1つとして不動産投資があります。その中でも気軽に始められる方法として、マンション投資と呼ばれるものがあるのですが、どのような特徴を持っているのでしょうか。

マンション投資の最大の特徴はミドルリスクミドルリターンという点です。これはリスクとリターンの関係性を表しています。一般的にハイリスクハイリターンやローリスクローリターンなどの商品を耳にすることが多いでしょう。

その点と比較するとなじみの無い言葉かもしれませんが、イメージとしてはそれらの中間に位置する投資方法です。

具体的にどのようなリスクがあるのかというと、1つは入居者が入らないケースです。他にも逃亡されたり、自殺者が出たりなどのリスクが想定されます。災害によってメンテナンスが必要になり、出費が重なるケースもあります。

一方でリターンは毎月決まった金額が家賃として振り込まれることです。つまり働かなくても毎月数万円のお金が振り込まれるので、投資商品としても大きめなリターンが期待できます。

このようにマンション投資にはミドルリスクミドルリターンの特徴があります。それらをうまく把握し、リターンがもらえるように調整することがマンション投資を成功させるためのコツとなるでしょう。

マンション投資をご検討中のあなたにおすすめしたい記事はこちら
2015年から相続増税!~マンション投資で相続税対策を~